仏具店様の紙袋の事例をご紹介します【s-261】

東京都・浅草にある仏具店様の紙袋事例です。 3000枚とまとまった枚数でご注文いただいたので、日常的に使用される販売用だと思われます。 定型寸法(大サイズ)で製作しました。 弊社の規格サイズの中で最も大きなサイズ。 もちろん仏壇のような大きなものは入りませんが、茶陶器やりん一式など多少大きさのある小物は安定して収めることができます。

オーダー頂いた紙袋の仕様

カテゴリ 定型寸法(大サイズ)
業 種 仏具店
枚 数 3000枚
製品単価/枚 40円台〜
用 紙 半晒クラフト紙 120g/㎡
サイズ 幅320×マチ110×高さ260mm
印 刷 特色1色
表面処理 なし
提げ手 OFJタイプ 紙単丸ヒモ
オプション なし
運賃送料 無料
 

紙袋に使用した素材

 

少しの漂白が使用できるインクの種類を増やす

半晒クラフト紙は少しだけ漂白処理をした用紙です。 やや薄い茶色なので、濃い茶色の未晒クラフト紙では同化してしまうようなブラウン系のインクもしっかりと表現できました。 同系色でまとめると落ち着いた印象に仕上がるので、仏具店様のイメージにピッタリです。

紙の種類を見る

どうしても目立ってしまう提げ紐の存在感を隠す天才

落ち着いたデザインの場合、提げ紐を特徴的なものにするとそちらに目がいってしまいます。 そこでオススメなのがこの紙単丸ヒモ。 細身のシルエットで印刷を邪魔しません。 また今回は白色を選ばれたので、良い意味で存在感を消すことができました。

手提げ紐の種類・取付方を見る

半晒クラフト紙よりも未晒クラフト紙の方が安価なことから、半晒クラフト紙は選ばれることが少ない用紙です。 しかし今回のように未晒クラフト紙では使いにくいブラウン系のインクを使用したい場合に、最適だということが分かる参考になる良い事例でした。

ご利用いただいた紙袋はコチラ