地方自治体様の紙袋の事例をご紹介します【s-244】

地方自治体様からご注文いただいた紙袋事例です。 地域をアピールした紙袋デザインに500枚と少数製作なので、イベントでの使用が予想されます。 定型寸法(中サイズ)はA4書類はピッタリと収まることから書類配布用としても適当なサイズです。 堅実な講演会から地域のお祭りなど、地域の案内書類を入れて幅広く活用できるでしょう。

オーダー頂いた紙袋の仕様

カテゴリ 定型寸法(小サイズ)
業 種 地方自治体
枚 数 500枚
製品単価/枚 非公開
用 紙 晒クラフト 120g/㎡
サイズ 幅260×マチ100×高さ350mm
印 刷 特色ベタ1色
表面処理 PPラミネートグロス加工
提げ手 穴タイプ アクリル丸ヒモ
オプション 底段ボール台紙入り
運賃送料 無料
 

紙袋に使用した素材

 

晒クラフト紙なら親しみやすい印象に仕上がる

今回は表面加工を施されているので、もとの用紙の質感はあまり関係がありません。 そこでコスト削減の意味も兼ねて晒クラフト紙を選ばれました。 コート紙よりも断然お安くなります。 また内側の質感はザラりとしたナチュラルさで、親しみやすさをアピールするのに効果的です。

紙の種類を見る

身近な存在のアクリル丸ヒモで親近感アピール

アクリル丸ヒモはスウェットの腰紐やスニーカーの靴紐などに使用されているので、他の提げ紐に比べると比較的身近な素材です。 親しみやすい雰囲気を演出するのにも効果的でしょう。 しかし紙袋の素材としては高価。ややコストが上げることはご了承ください。

手提げ紐の種類・取付方を見る

PPグロス加工なら美しく輝きながら強度アップ

PPグロス加工で、誠実な紺色に輝きをプラスしました。 紙袋全体を薄いフィルムで覆う加工なので、全体的に強度が増します。 コート紙を使用していなくても用紙の厚さが増すとある程度のハリ出るので、比例して高級感や安心感もうまれるでしょう。

表面処理を見る

こちらのグラフィック、実は白抜きでデザインを表現したベタ印刷になります。 カラー印刷をするよりも濃くハッキリとした発色が得られるベタ印刷は、こだわられる方が意外と多い現状です。 どういった印刷方法が向いているかわからない場合など、お気軽にご相談くださいね!

ご利用いただいた紙袋はコチラ