カフェ様の紙袋の事例をご紹介します【s-243】

静岡県にある日本茶製造販売会社様が経営されている、カフェ様からご注文いただいた紙袋事例です。 店頭で茶葉の販売もされているので、こちらは販売用の紙袋でしょう。 大きな商品はないので、定型寸法(小サイズ)で製作しました。 まるでハイブランド店様のショッパーのような高級仕様。 よほど商品を大切に思われているんだな、と感じさせます。

オーダー頂いた紙袋の仕様

カテゴリ 定型寸法(小サイズ)
業 種 カフェ
枚 数 5,000枚
製品単価/枚 非公開
用 紙 A2コート紙 157g/㎡
サイズ 幅220×マチ120×高さ260mm
印 刷 特色1色(2度刷り)
表面処理 PPラミネートグロス加工
提げ手 OFJタイプ アクリル丸ヒモ芯入り
オプション 底段ボール台紙入り
運賃送料 無料
 

紙袋に使用した素材

 

A2コート紙なら難しい印刷も安心して任せられます

今回は一般的な黒色のベタ印刷ではなく、こだわりの2度刷りをされています。 当然、再現力の高い用紙が求められます。 そこで名乗りを上げたのは、A2コート紙。 ポスターが雑誌の表紙も飾る、そのポテンシャルは見事なものです。 より濃く美しく、漆黒の闇が再現されました。

紙の種類を見る

アクリル丸ヒモなら気軽に高級感がゲットできます

ポリエステル製、アクリル製の提げ紐は、高級仕様の紙袋に似合う素材です。 手触りが滑らかで、見た目は華やか。 どこに出しても恥ずかしくない上質な提げ紐です。 どうしても高価にはなってしまいますが、アクリル丸ヒモは同種類の中では最安値。 比較的使いやすいと言えるでしょう。

手提げ紐の種類・取付方を見る

PPグロス加工なら発色に自信がもてます

2度刷りのベタ印刷をされるほど、発色にこだわりをもられているので、表面加工はPPグロス加工の一択でした。 印刷の発色を良く見せる効果のあるグロスタイプは、ギラギラと激しい光沢が特徴です。 この輝きが更に高級感をワンランク上のものへ押し上げてくれています。

表面処理を見る

今回はコストよりも仕上がり重視、贅を尽くした高級紙袋でした。 「予算は少ないけど、こちらのようにしたい」といったものでもかまいません。 一見ムチャだと思われるご要望でも、諦めずにご相談ください。 業界最安値を目指す弊社だからこそのご提案をさせていただきます!

ご利用いただいた紙袋はコチラ