農業関連NGO様の紙袋の事例をご紹介します【s-241】

コロンビア産コーヒー豆の安定生産と、生産者の生活の向上のため活動されているNGO法人様からご注文いただいた紙袋事例です。 定型寸法(小サイズ)で製作しました。 120mmとかなりマチが広いので、袋入りはもちろん瓶入りのインスタントでさえも安定して持ち運べます。 10,000枚とかなりの大量製作でコストを抑えました。

オーダー頂いた紙袋の仕様

カテゴリ 定型寸法(小サイズ)
業 種 農業関連NGO
枚 数 10,000枚
製品単価/枚 30円台〜
用 紙 片艶晒クラフト 100g/㎡
サイズ 幅220×マチ120×高さ260mm
印 刷 特色1色
表面処理 なし
提げ手 OFJタイプ 紙単丸ヒモ
オプション なし
運賃送料 無料
 

紙袋に使用した素材

 

迷ったら片艶晒クラフト紙にお任せあれ

片艶晒クラフト紙は、用紙の中で最も安価な素材になります。 それでいて印刷適正はコート紙の次。強度はコート紙の上です。 特色で指定いただいたカラーもしっかりと再現できました。 初心者にも扱いやすいので、迷ったらこちらを選べば間違いがないでしょう。

紙の種類を見る

紙単丸ヒモなら違和感なくまとまります

紙単丸ヒモは提げ紐の中で2番目に安価な素材です。 1番はPPヒモですが、異素材なので悪目立ちしてしまう心配と荷造り用紐としてのイメージからややチープになりがちな点が懸念されました。 紙素材の提げ紐なら、和洋どんなグラフィックにも馴染んでくれます。

手提げ紐の種類・取付方を見る

大量製作は単価を下げる一番の近道。 今回の10,000枚という数字はさすがに難しくても、1000枚以上でのご注文がオススメです。 印刷費は1000枚計算なので、それ以下だとどうしても割高になってしまいます。 便利な在庫保管サービスも合わせてご検討ください。

ご利用いただいた紙袋はコチラ