寺院様の紙袋の事例をご紹介します【s-226】

寺院様の紙袋事例です。 定型寸法(中サイズ)を利用して、高さ450mmと縦長の形状に。 これは寺院様や神社様ならではのサイズ感といえるでしょう。 長さの必要なお札などの収納にピッタリです。 白色を基調とし、印刷カラーは日本伝統の緋色を特色で指定いただきました。 シンプルながらも厳粛な場にも相応しい紙袋です。

オーダー頂いた紙袋の仕様

カテゴリ 定型寸法(中サイズ)
業 種 寺院
枚 数 1000枚
製品単価/枚 80円〜
用 紙 片面晒クラフト 120g/㎡
サイズ 幅260×マチ100×高さ450mm
印 刷 1色印刷
表面処理 なし
提げ手 ハッピータック
オプション なし
運賃送料 無料
 

紙袋に使用した素材

 

白紙を活かすデザインには片艶晒クラフト紙

白紙を活かしたデザインなら、片艶晒クラフト紙・晒クラフト紙・コート紙の三択です。 次に光沢の有無。光沢有りなら晒クラフト紙は除外され、二択に。 そして予算。安価に仕上げるのなら、こちらの片艶晒クラフト紙がオススメです。 淡い光沢に低価格な白紙、1番人気の素材になります。

紙の種類を見る

ハッピータックで鞄のような紙袋にランクアップ

ハッピータックは根元の凹凸を合わせて口を閉じることができ、鞄のような扱いが可能です。 お札などは翌年寺院様に返納される際にも、またこちらの紙袋に入れてお持ちいただるかもしれません。 持ち帰りのみならず持参する際にも使用されれば、単純に宣伝効果は二倍です!

手提げ紐の種類・取付方を見る

お札や破魔矢、羽子板など、考えてみると寺院様からいただく授与品には縦長のものが多いように感じます。 弊社の定型寸法なら幅やマチが固定な代わりに高さの設定は自由です。それでいて安価に製作が可能。 多方面から好評いただき、最もオーダーの多いプランとなりました。

ご利用いただいた紙袋はコチラ