独立行政法人様の紙袋の事例をご紹介します【s-215】

独立行政法人様の紙袋事例です。 石油、天然ガス、鉱物などの資源開発を行っているそう。 自然が相手の業種様なのでお客様にお渡しするというよりも講演会などで使用するのかもしれません。 扱っているものが広範囲なので、沢山のイベントに参加されていることでしょう。 A4書類にピッタリの定型寸法(中サイズ)で製作しました。

オーダー頂いた紙袋の仕様

カテゴリ 定型寸法(中サイズ)
業 種 独立行政法人
枚 数 1000枚
製品単価/枚 非公開
用 紙 A2コート紙 157g/㎡
サイズ 幅260×マチ100×高さ345mm
印 刷 4色
表面処理 PPグロスラミネート加工
提げ手 穴タイプ アクリル丸ヒモ
オプション 底段ボール台紙入り
運賃送料 無料
 

紙袋に使用した素材

 

どんなカラーもハッキリ表現するA2コート紙

グレーやパステルといった淡いカラーを白紙に印刷する場合、ある程度の印刷の再現力がある素材でないとインクが沈んでしまったり濁って見えたりしてしまいます。 A2コート紙は写真も美しく再現できるので、こういったデザインには最適です。 くっきりハッキリと見せることができました。

紙の種類を見る

普段から見慣れていて親しみのあるアクリル丸ヒモ

アクリル丸ヒモは異素材なので浮いてしまわないかと心配されるかもれしませんが、そんなことはありません。 特に紙袋の質感が変わるPP加工を施している用紙とは雰囲気がベストマッチ! パーカーの紐や靴紐として日頃から見慣れていることも要因かもしれません。

手提げ紐の種類・取付方を見る

こだわりの4色印刷にはPPグロス加工

PP加工は印刷面に薄いフィルムを張り付けることで、用紙の質感を変えたり印刷面の保護をすることができます。 今回使用したグロスタイプは色彩をより鮮明に見せる効果があるので、色にこだわりのある方にオススメです。 4色印刷も美しく輝いています。

表面処理を見る

A2コート紙を使用すると印刷の割れを防ぐために表面加工は必須になります。 どうしてもコストを上げる要因になるので、注意が必要です。 上質紙を使用=高級仕様であることが多いので、選ばれるのはPP加工が多いのは事実ですが比較的安価なニス引きでも問題ありません。 ぜひご検討ください。

ご利用いただいた紙袋はコチラ