神社様の紙袋の事例をご紹介します【s-28】

山口県の岩国にある神社様の紙袋です。 紅白が美しい紙袋ですので、お札やお守りなどといった縁起物を入れるための紙袋なのでしょう。 様々な大きさの中身に対応できる、規格サイズオーダーの中サイズで製作しています。 7,000枚というまとまった数のご注文でしたので、底にダンボールの台紙を入れても単価は30円台という驚きの価格が実現しました。

オーダー頂いた紙袋の仕様

カテゴリ 定形寸法(中サイズ)
業 種 神社
枚 数 7,000枚
製品単価/枚 30円台
用 紙 晒クラフト紙 120g/㎡
サイズ 幅260×マチ100×高さ270mm
印 刷 1色
表面処理 なし
提げ手 OFJタイプ、紙三本ヒモ
オプション 底段ボール台紙入り
運賃送料 無料
 

紙袋に使用した素材

 

優しい印象の晒クラフト紙を使用

白い用紙にもいくつかの種類があります。その中で一番安価なのが晒クラフト紙です。 安価とはいっても、晒クラフトにはザラッとした手触りが与える独特の温かみや柔らかい印象があり、強度もあって使いやすい素材のため、あえてこちらを選ばれることも多くあります。 ただ、細かいデザインや写真の印刷には適しておらず、そのような場合は表面を平滑に処理した片艶晒クラフトや、表面にコート剤を塗布したコート紙の方がおすすめです。

紙の種類を見る

紙三本ヒモはさらに明るい雰囲気に

紙の柔らかい手触りが優しい印象の、細い紙の丸紐を三本合わせて縒った紐です。和風の雰囲気にもピッタリ合う素材ではないでしょうか。 ビールケースのような重たいものを持ち運ぶのには向きませんが、紙単丸ヒモより太く、丈夫です。 紙でできていますので、水に濡れると強度は下がってしまいます。しかし、雨に濡れて紐が切れる、ということはないでしょう。 21色展開で、OFJタイプの取り付けにも対応しています。

手提げ紐の種類・取付方を見る

紅白が美しく、お祝いごとにぴったりの神社様の紙袋をご紹介しました。 底に段ボールの台紙を入れていても、単価30円台で製作できたのは、まとまった数のご注文だったことが大きな理由です。 まとまった数だとストックの場所に困る、という場合はお預かりサービスもありますので、ぜひご活用ください。

ご利用いただいた紙袋はコチラ