化粧品ブランド様の紙袋の事例をご紹介します【s-195】

主に基礎化粧品を販売されているブランド様の紙袋事例です。 インターネット販売をされているので、日常使いというよりも展示会などのイベント時に使用されるのではないでしょうか。 必要枚数も少量をご希望され、小ロット対応定型寸法で製作しました。 既製品ではなくオリジナルのものを使用すると、ブランドの認知度がかなり変わってきます。

オーダー頂いた紙袋の仕様

カテゴリ 小ロット対応定型寸法
業 種 化粧品ブランド
枚 数 300枚
製品単価/枚 100円〜
用 紙 片艶晒クラフト 120g/㎡
サイズ 幅320×マチ110×高さ250mm
印 刷 1色
表面処理 なし
提げ手 OFJタイプ 紙三本ヒモ
オプション なし
運賃送料 無料
 

紙袋に使用した素材

 

コスト削減の強い味方、片艶晒クラフト紙

最も安価な片艶晒クラフト紙を使用して、コストを抑えました。 少ない枚数での製作の場合、高価な素材ばかり使用すると本当にびっくりするような単価になってしまいます。 しかし安価だからといって侮るなかれ。片艶晒クラフト紙は印刷適正や丈夫さも申し分のない優れた素材です。

紙の種類を見る

可愛らしい見た目の紙三本ヒモがピッタリ

紙三本ヒモは三つ編みのような見た目で可愛らしい印象を与えるので、女性ターゲットである化粧品ブランド様にはピッタリの提げ紐でした。 また提げ紐を紙素材にすることで分別せずに古紙回収、または可燃ゴミに出すことができます。 エコなイメージで好感度もバッチリ。

手提げ紐の種類・取付方を見る

縁取りのようなデザインにされる場合、折り目の印刷がズレないようデータ作りにテクニックを要します。 わずかに外側に塗り足し、やや枠を太めに設定してください。 あくまで念のためですが、もしもズレてしまったら取り返しが使いないのでこういった配慮が必要です。

ご利用いただいた紙袋はコチラ