社団法人様の紙袋の事例をご紹介します【s-167】

般社団法人様の紙袋事例です。 美容業界の技術知識の「向上」をテーマに活動されています。 研究会が定める厳しい基準をもとに専門機関が審査し、クリアしたものだけを推奨品とした製品があるそうなので、そういった厳選されたこだわりの品物を入れるのかもしれません。 少ない枚数でのご注文にも対応する、小ロット対応定型寸法で製作しました。

オーダー頂いた紙袋の仕様

カテゴリ 小ロット対応定型寸法
業 種 社団法人
枚 数 300枚
製品単価/枚 110円〜
用 紙 片面晒クラフト 120g/㎡
サイズ 幅320×マチ110×高さ350mm
印 刷 1色(特色)
表面処理 なし
提げ手 穴タイプ PPヒモ
オプション 底段ボール台紙入り
運賃送料 無料
 

紙袋に使用した素材

 

最もメジャーで人気の高い片艶晒クラフト紙

片艶晒クラフト紙は、用紙素材の中で最も安価、片面に平滑処理を施して印刷適正をあげた美しい白紙、もともと丈夫なクラフト紙が原料で強度が高い、と三拍子そろったとてもバランスのとれた素材です。 長年にわたり不動の人気ナンバーワンを誇ります。

紙の種類を見る

強度が高く、使い勝手の良いPPヒモ

PPヒモは荷造り用の紐としてのイメージが強く、どうしても使い捨て感が否めません。 しかし強度が高く手触りは柔らかいので、重たいものを入れる際や長距離の持ち運びに適しており、利便性の高さが魅力です。 そして最も安価でコストカットに大活躍します。

手提げ紐の種類・取付方を見る

生産枚数が300枚と最小なことから、なるべく安価な素材を使用してコストを抑えました。 印刷コストは1000枚単位で計算されることから、どうしても生産枚数が少ないと単価が上がる傾向にあります。 今回の単価110円台~はかなりお安い方です。 ぜひ他社と相見積もりで見比べてください。

ご利用いただいた紙袋はコチラ