生地専門店様の紙袋の事例をご紹介します【s-103】

フランス製輸入生地や、それらを用いて製作されたインテリア用品を扱う愛知県の生地専門店様の紙袋です。社名ロゴの上の図案は「フルール・ド・リス」というアヤメの花をかたどったもので、歴史的にはフランス、スペインなどの王権を示す紋章です。素材、加工ともに特に高価なものを使用しているわけではありませんが、この紋章と落ち着きのある深いブルーによって素材以上の高級感が醸成されていますね。

オーダー頂いた紙袋の仕様

カテゴリ 定形寸法(中サイズ)
業 種 生地専門店
枚 数 1,000枚
製品単価/枚 70円~
用 紙 片艶晒クラフト 120g/㎡
サイズ 幅260×マチ100×高さ330mm
印 刷 1色
表面処理 ニス
提げ手 OFJタイプ 紙三本ヒモ
オプション なし
運賃送料 無料
 

紙袋に使用した素材

 

片艶晒クラフト紙なら発色がイメージ通りに

片艶晒クラフト紙は、本来褐色であるクラフト紙をほぼ純白になるまで漂白し、表面に平滑処理を施したものです。これによって印刷面へのインクの染み込みやにじみが軽減され、デザインに忠実な色、形を再現できます。今回のブルーの印刷も色が沈みこんだりしてしまうことなく、イメージ通りの発色を得ることができました。

紙の種類を見る

太さによる強度と存在感がある紙三本ヒモ

紙三本ヒモは再生紙を撚って作られた紙単丸ヒモを3本編んだ提げ紐です。今回、中に入れるものは丸めた生地などであると思われます。高級なタペストリーなど目の詰まった重たい布地を入れても強度的にも問題なく、ある程度の太さがあるため手に食い込みづらいことによる選択でしょう。また、この太さが紙袋全体の存在感を高める効果もあるようです。

手提げ紐の種類・取付方を見る

印刷面を保護し上品な艶を出すニス引き加工

ニス引き加工は、紙の表面に樹脂製の液体を塗布する加工です。今回、全面に特色を印刷したため、色落ちを防ぐことを主目的として使用しました。また、これによって紙の表面に落ち着きのある自然な光沢が発生し、よりきらびやかでラグジュアリーな印象の紙袋になっています。より強い光沢を求める場合にはPPグロスラミネート加工をおすすめします。

表面処理を見る

提げ紐の取り付けにはOFJタイプという人手を介さない安価な方法で行いました。また、素材・加工に比較的安価なものを用いていることや、弊社で最もお得なサービスの定型寸法であったことにより、単価を抑えることができました。一度、アイミツいただければその安さにご納得いただけるはずです。

ご利用いただいた紙袋はコチラ