通信機器レンタル会社様の紙袋の事例をご紹介します【s-132】

通信機器レンタル会社様の紙袋事例です。 お客様が契約された通信機器を箱に入れて、説明書やら充電に必要な付属品やらと初期部品を色々と詰め込むと、なかなかの大きさになるかと思います。 箱も余裕をもって収められる定型寸法(大サイズ)を使用し、オプションで底に段ボール台紙を入れて、重さにも対応出来るつくりにされました。

オーダー頂いた紙袋の仕様

カテゴリ 定型寸法(大サイズ)
業 種 通信機器レンタル会社
枚 数 3,000枚
製品単価/枚 110円〜
用 紙 A2コート紙 157g/㎡
サイズ 幅320×マチ110×高さ450mm
印 刷 2色(特色)
表面処理 PPラミネートグロス加工
提げ手 ハッピータック DX型
オプション 底段ボール台紙入り
運賃送料 無料
 

紙袋に使用した素材

 

美しい白でワンポイントのロゴを引き立てるA2コート紙

今回はそこまで派手なグラフィックがあるわけでもなく、カラフルな色彩を使用されているわけでもありませんが、印刷適正の最も高いA2コート紙を使用しました。 繊細な再現力が必要だったわけではなく、白をより白く、美しく表現することにスポットを当てました。

紙の種類を見る

保護力はお客様への気遣いにもなるハッピータック

こちらの企業様は海外で使える通信機器のレンタルをされているそうなので、きっと返却時に必要な書類や付属品はたくさんあることでしょう。 絶対になくしてはならない物ですから、ハッピータックを使用して口を閉じれる紙袋をお渡しするのは、お客様への気遣いと言えます。

手提げ紐の種類・取付方を見る

水に弱い物を入れるならPPグロス加工

紙袋と同じく水濡れに極度に弱い電化製品を入れることが想定される紙袋なので、PP加工を施して耐水性をアップさせました。 これで絶対とは言えませんが、多少の雨程度なら十分に防ぐことが可能です。 同時に擦れや摩擦にも強くなるので、とても安心感があります。

表面処理を見る

初めての紙袋製作だと、あれこれと素材の数が多すぎて悩まれる方が少なくありません。 もしも過去の紙袋事例の中で気に入った物や、完成図に近い物があれば、是非お知らせください。 近い物を企業様のイメージに沿ったかたちで作り直して、ご提案させていただきます。

ご利用いただいた紙袋はコチラ