ITシステム開発業者様の紙袋の事例をご紹介します【s-258】

東京都にあるITシステム開発業者様の紙袋事例です。 開発業務の他にコンサルティング業務にも携わる、頼れる企業様になります。 定型寸法(中サイズ)で製作しました。 A4サイズオーダーよりも、よりA4書類にフィットしたサイズです。 バインダーなどを入れるには小さく感じますが、書類そのものを入れる分には何ら問題ありません。

オーダー頂いた紙袋の仕様

カテゴリ 定型寸法(中サイズ)
業 種 ITシステム開発業者
枚 数 500枚
製品単価/枚 170円台〜
用 紙 A2コート紙 157g/㎡
サイズ 幅260×マチ100×高さ340mm
印 刷 2色
表面処理 PPマットラミネート加工
提げ手 ハッピータック
オプション 底段ボール台紙入り
運賃送料 無料
 

紙袋に使用した素材

 

安心感がないと長時間持ち歩けませんよね

ビジネス用紙袋の多くはこのA2コート紙を選ばれます。 営業周りで資料を入れるお供として、クライアントへお渡しする紙袋として、繰り返し使用できる強度を得るためでしょうか。 A2コート紙は名刺程度のしっかりとした厚みがあるので、簡単には切れたりしません。

紙の種類を見る

うっかりやドッキリなシーンでも安心安全なハンドル

こちらもビジネスシーンではお馴染みの提げ手です。 ハッピータックは強度・利便性ともにトップクラス。 根元の凹凸を合わせることで紙袋がセカンドバッグに早変わりします。 機密情報も安心して持ち歩くことができると、選ばれた方から好評の素材です。

手提げ紐の種類・取付方を見る

冷静にしっかりと印刷面を見せてくれます

今回のように淡いカラーのグラフィックにPP加工を施す場合、光沢の強いグロスタイプでは光が反射してうまく見えないことがあります。 そこで頼りになる艶消しのマットタイプ。 落ち着いた上品な雰囲気で、野外でもしっかりと印刷面をアピールしてくれます。

表面処理を見る

スペックはそのままに、単価を下げる方法がいくつかあります。 今回の事例を例にあげると、A2コート紙は用紙の厚みを変更することはできないので、製作枚数を増やすことが最も有効でしょう。 一桁多くなれば単価半額も夢ではありませんよ!ぜひ無料お見積りをお試しください。

ご利用いただいた紙袋はコチラ