工務店様の紙袋の事例をご紹介します【s-247】

兵庫県にある工務店様の紙袋事例です。 釘や金属を使わずに土だけでくみ上げる伝統工法により、神社仏閣の造営・建立、修理をも再現できる会社様になります。 お客様との打ち合わせ時にお渡しする資料配布用の紙袋でしょうか。 A4ファイル対応寸法で製作しました。 不器用ながらもデザイン性の感じる硬派なグラフィックが魅力の紙袋です。

オーダー頂いた紙袋の仕様

カテゴリ A4ファイル対応寸法
業 種 工務店
枚 数 1000枚
製品単価/枚 非公開
用 紙 片艶晒クラフト 120g/㎡
サイズ 幅280×マチ80×高さ360mm
印 刷 4色
表面処理 マットPP
提げ手 穴タイプ 紙単丸ヒモ
オプション なし
運賃送料 無料
 

紙袋に使用した素材

 

片艶晒クラフト紙でナチュラルな雰囲気を

本来、写真の表現にはコート紙がオススメですが、ハリや厚みから高級感がうまれます。 今回の伝統の歴史を感じるグラフィックにはナチュラルな印象の方が合うので、あまり向いていません。 自然を感じる材木や土のデザインには、片艶晒クラフト紙が最適でした。

紙の種類を見る

紙単丸ヒモの素朴さがデザインによく合いました

紙単丸ヒモを穴タイプで取り付けました。 穴タイプは内側で玉結びをします。 紐自体が硬い紙素材は、どうしても暴れてしまうのでOFJタイプの方がスマートに装着されます。 しかし今回は少しいびつなくらいの方が、ナチュラルな雰囲気が出て良いでしょう。

手提げ紐の種類・取付方を見る

マットPP加工なら自然の雰囲気を損ねません

こだわりのデザインを全面に印刷されているので、念のため表面加工を追加しました。 自然を感じられるグラフィックの雰囲気を損ねないよう、マットPP加工での保護です。 光沢がなくサラリとした質感で、世界観を崩すことなく役目を果たしました。

表面処理を見る

ナチュラルな雰囲気ながらも予算を気にされない高級仕様に仕上がりました。 もしコスト削減をするなら、提げ紐の取り付け方法をOFJタイプに変更、表面加工をニス引きに変更、といった方法があります。 全体の雰囲気を変えることなくコスト削減ができるので、ご検討ください。

ご利用いただいた紙袋はコチラ