有名企業の紙袋事例をご紹介いたします
線

名物のプリンがぴったり入る、
オリジナルサイズ

線

宗谷岬の南側にある日本最北端の温泉地、豊富温泉。その地に昭和2年より佇む老舗宿、川島旅館様のから紙袋のご用命をいただきました。最北端の宿としてだけでなく、川島旅館様はスイーツでも全国区にその名をとどろかせています。温泉と並ぶ名物が、川島旅館オリジナルの「湯あがりプリン」。楽天市場にも通販サイトがあり、お取り寄せ商品としても好評を博しています。これは旅館のお土産店で使われる紙袋です。プリンを底にぴったり入れられるように、マチを広く作っています。商品サイズに合わせられるのは、フルオーダーならではです。

Company Information

社 名 :株式会社川島旅館

創 立 :1927年

事業内容 :北海道天塩郡豊富町 字温泉

川島旅館様

紙袋
質問 今回はどのような紙袋をお探しでしたか?
答え 当旅館「湯あがりプリン」の販売促進用紙袋です。

当旅館の名物である「湯あがりプリン」の販売促進用に、紙袋を作ろうと考えました。商品であるプリンをたくさん入れるためにマチが広くて、丈夫で破れにくいオリジナル紙袋を作ろうと考えていました。

質問 どのように井上工業所を知りましたか?
答え インターネットを検索して知りました
質問 対応はどうでしたか?
答え よかったです。
質問 最後にメッセージをお願いします

ホームページに製作事例を載せていただけるとのこと、ありがとうございます。ぜひ掲載していただければと思います。正直言いますと、次回は紐の色を変えてみようかなと思っています。それでもかわいく仕上がっていて、よかったです。今後ともよろしくお願い致します。

川島旅館様よりご依頼頂いた紙袋のスペック

紙袋
カテゴリ 定形外特別寸法
業種 旅館
枚数 10,000枚
製品単価/枚 -
用紙 片艶晒クラフト紙120g/㎡
サイズ 幅240×マチ160×高さ250mm
印刷 1色(ベタ)
表面処理 ニス引き
提げ手 OFJタイプ、PPヒモ
オプション なし
運賃送料 無料

使用した用紙PAPER

紙袋

使用した用紙PAPER

片艶晒クラフト紙120g/㎡

重いプリンを入れても型崩れしない丈夫な紙が必要ですから、強度の高い晒クラフト紙を使用しました。紙の厚さは標準的な120g/㎡。チラシとポストカードの中間くらいの厚さです。これなら商品のプリンをたくさん入れても、紙袋が壊れるおそれはありません。

提げ手紐と取付方法HANDLE

紙袋

提げ手紐と取付方法HANDLE

OFJタイプ、PPヒモ

紐は安価なPPヒモを使いました。値段こそ安いですが手触りは柔らかく、水に濡れても強度は変わらずしっかりしています。太さがあるので手に食い込みにくいのもメリット。重い荷物を入れる紙袋に向いています。機械で紐を取り付けるOFJタイプを採用しています。OFJタイプにすると穴タイプよりもコスト削減になります。紐の色はピンクに合わせて選びました。

印刷・表面加工についてSURFACE TREATMENT

紙袋

印刷・表面加工についてSURFACE TREATMENT

印刷:1色(ベタ) 加工:ニス引き

色はピンク1色を紙袋全体にベタ塗りしました。模様の部分は色を薄くして、網点で印刷しています。1色印刷でも階調をつけることで、表現の幅は広がります。白とピンクの二色の対比だと明度差が激しいですが、濃いピンクと薄いピンクだとより柔らかくてキュートな印象になるのではないでしょうか。

1色印刷は、イコールベタ印刷と思われる方もいらっしゃいますが、色の濃淡は無限に作ることができます。奥行きのある表現ができるので、意外と1色印刷でも細かいデザインは可能です。印刷費は版の数に左右されるので、1色印刷にするとコスト削減になりますよ!

ご利用いただいた紙袋はコチラ