学校法人様の紙袋の事例をご紹介します【s-97】

小学校から中学、高校、専門学校など10校を擁する学校法人様の紙袋です。10,000枚と大きなロット数は、10校分の入学式、卒業式などのイベントに使われるためではないでしょうか。デザインは、学園創始者の名前をローマ字にして配置されたもので、特に尖った特徴はないのですが、長く使われても飽きの来ないものにお作りできました。

オーダー頂いた紙袋の仕様

カテゴリ 定形寸法(大サイズ)
業 種 学校法人
枚 数 10,000枚
製品単価/枚 非公開
用 紙 片面晒クラフト 120g/㎡
サイズ 幅320×マチ110×高さ350mm
印 刷 4色
表面処理 PP加工
提げ手 ハッピータック
オプション 底段ボール台紙入り
運賃送料 無料
 

紙袋に使用した素材

 

実はかなり印刷適性の強い片艶晒クラフト紙

片艶晒クラフト紙は、クラフト紙を漂白し、表面に平滑処理を施したもので、クラフト紙の中では印刷適性に最も優れた素材であり、表面の上品な艶もあるためにオールマイティに使われる用紙です。より細かいデザインや写真の再現性はコート紙に一歩譲りますが、今回の事例では全く問題はありませんでした。

紙の種類を見る

思い出の品々を守るハッピータック

ハッピータックはプラスチック製の非常に堅牢な持ち手です。提げ手の付け根部分に凹凸があり、口をパチンと閉じられることが特徴で、誤って倒してしまった際に中身が飛び出しことはなく、多少の雨では中身には全く影響がありません。アルバムや後々思い出となる品物が入っているが故の素材選びではないかと思われます。

手提げ紐の種類・取付方を見る

印刷面を綺麗に、堅牢にするラミネート加工

PPラミネート加工はポリプロピレンの薄いフィルムを紙の表面に貼りつける加工です。これによって印刷面の保護や発色の鮮やかさをアップし、キラッとした、まるで鏡のような印刷面になります。今回はグロス(艶あり)を用いましたが、マット(艶消し)のものもご用意しています。

表面処理を見る

10,000枚という高ロットでは、素材の細かい選択が大幅なコストカットにつながります。そして、紙の強度をPP加工で高めていることも、上手な選択の仕方であったと思われます。注文の際に、紙袋の用途をお伝えいただければ、弊社の方でコストパフォーマンスの高い仕様を提案させていただきます。

ご利用いただいた紙袋はコチラ