生命保険会社様の紙袋の事例をご紹介します【s-96】

フランスに本拠地をもつ東京都の生命保険会社様の紙袋です。白地に淡いグリーンの色調で、正面下部にはフランスの街並みを表現し、上部には社名ロゴを立体的に見えるようなデザインで強調しています。今回、定型寸法(中サイズ)、幅:26cm、マチ:10cm、高さ:37cmでご注文いただきました。このサイズですと、大きめのバインダーに挟んだA4サイズの書類を、余裕を持たせて入れることができます。

オーダー頂いた紙袋の仕様

カテゴリ 定形寸法(中サイズ)
業 種 生命保険会社
枚 数 1,000枚
製品単価/枚 140円~
用 紙 A2コート紙 157g/㎡
サイズ 幅260×マチ100×高さ370mm
印 刷 4色
表面処理 PP加工
提げ手 ハッピータック
オプション 底段ボール台紙入り
運賃送料 無料
 

紙袋に使用した素材

 

コート紙よりワンランク上のA2コート紙

コート紙とは上質紙の表面に、鉱物、顔料などでできたコート剤を塗布したもので、平滑性が高く、印刷適性に優れます。A2コート紙は、比較的に高価な素材であるコート紙のさらにワンランク上の用紙で、より純度の高い白さと平滑性を高めたものです。今回は厚めの157g/㎡でオーダーいただきました。

紙の種類を見る

重要書類をガードするハッピータック

ハッピータックはプラスチック製の堅牢な提げ手です。提げ手の基部に凹凸があり、口をパチンと閉じることができるので、誤って倒しても中身が飛び出ることもなく、多少の雨であれば中身が濡れてしまうこともありません。生命保険会社様では、個人情報や捺印済みの重要書類を入れることがあるはずですので、この選択は、間違いないものと思われます。

手提げ紐の種類・取付方を見る

ラミネート加工で塗面を保護し、色鮮やかに

グロスラミネート加工(PP)はポリプロピレン製の薄いフィルムを貼りつける加工で、塗装面を保護し、印刷の鮮やかさを高めます。特に、印刷面にひび割れや擦り傷が生じやすいコート紙では必須の加工です。今回はグロス(艶あり)を使用しましたが、マット(艶消し)もご用意しておりますのでニーズによって使い分けると良いでしょう。

表面処理を見る

用紙、提げ紐、表面加工と全てにこだわった、とても頑丈な紙袋です。厚めのA2コート紙にグロスラミネート加工、ハッピータックと、中に入れる書類の保護を最優先していることがうかがわれます。営業の方が大切な資料や書類を持ち歩くことを想定した、実用性の高い紙袋です。

ご利用いただいた紙袋はコチラ