コンサルティング会社様の紙袋の事例をご紹介します【s-82】

コンサルティング会社様の紙袋製作事例です。人材育成や経営コンサルティングの為のセミナーを行っているようなので、その時に使うための紙袋かと思われます。定型寸法の中サイズはA4サイズの紙がジャストで入る大きさです。デザインは、ツヤのあるオールブラックでクールな雰囲気。赤のハッピータックがアクセントカラーになっています。

オーダー頂いた紙袋の仕様

カテゴリ 定形寸法(中サイズ)
業 種 コンサルティング会社
枚 数 1,000枚
製品単価/枚 130円~
用 紙 片面晒クラフト 120g/㎡
サイズ 幅260×マチ100×高さ350mm
印 刷 特色1色+Kベタ1色
表面処理 PPグロスラミネート加工
提げ手 ハッピータック
オプション 底段ボール台紙入り
運賃送料 無料
 

紙袋に使用した素材

 

スペックと値段のバランスがいい片艶晒クラフト紙

晒クラフト紙の片面を光沢加工したものが片艶晒クラフト紙です。コート紙の印刷適性の高さと、クラフト紙の安価な点を兼ね備えた用紙です。ほんのり薄い光沢があるので、加工なしでも上品な輝きがあります。光沢面をあえて裏側にして製作することも出来ます。

紙の種類を見る

資料を入れるのに最適なのはハッピータック

ハッピータックは、セミナー用の紙袋として最適な提げ手です。カバンの持ち手のような見ためですが、根元を合わせれば本当にカバンのように口を閉じることが出来ます。中身が出てしまったり、見えてしまうのを防いでくれます。強靭なこともにも注目です。

手提げ紐の種類・取付方を見る

ゴージャスな黒を表現するグロスラミネート加工

紙の地の色は黒のベタ塗りで印刷しています。今回はそこにラミネートグロス加工をかけることで、よりゴージャスな雰囲気に仕上げました。水に濡れたような、鋭い輝きが特徴です。印刷を守ってくれる効果もあるので、写真を使ったデザインにもおススメです。

表面処理を見る

コンサルティング会社様の紙袋製作事例でした。ハッピータックのカラーバリエーションには、はっきりとした色合いのものが多いです。今回のようにデザインのアクセントとして選ぶのにも最適です。提げ手の色にさし色を選ぶテクニックは、全体の印象を整えるのにも最適な手法です。

ご利用いただいた紙袋はコチラ