IT企業様の紙袋の事例をご紹介します【s-74】

様々なウェブサービスやソフト開発を行っているIT企業様の紙袋です。会社名ではなく商品のひとつが大きくフィーチャーされているデザインなので、この商品専用の販促に使われたのかもしれませんね。
A4ファイル対応寸法で製作しています。ファイルに入れたA4書類を、ゆとりを持って入れることができるので、展示会や講演会におすすめのプランです。

オーダー頂いた紙袋の仕様

カテゴリ A4ファイル対応寸法
業 種 IT企業
枚 数 500枚
製品単価/枚 160円~
用 紙 コート紙 157g/㎡
サイズ 幅280×マチ80×高さ360mm
印 刷 1色
表面処理 グロスラミネート加工
提げ手 ハッピータック
オプション 底段ボール台紙入り
運賃送料 無料
 

紙袋に使用した素材

 

色の鮮やかさを重視するならコート紙

お抹茶色のイメージカラーはDIC番号で特色指定していただきました。色見本で指定しただけば、色がぶれることはまずありません。色の沈みの少ないコート紙をお選びいただきましたので、鮮やかに印刷できました。PP加工をすると、さらに色が美しく見えます。

紙の種類を見る

書類に最適企業様向けのハッピータック

A4ファイル対応寸法+PP加工+ハッピータックの組み合わせは、書類用紙袋の定番です。丈夫で高級感があり、中身が見えないという点で書類に最も適しています。素材選びで迷ったら、書類用ならこの組み合わせにすると使い勝手はバッチリですよ!

手提げ紐の種類・取付方を見る

ベタ印刷を引き立てるグロスPP加工

全面インクで覆い尽くすベタ印刷は、色濃く鮮やか。それをさらに引き立てるのが、グロスタイプのPP加工です。PPを貼るとより色に深みが出てきます。フィルムで圧着するので色落ちを防ぎ、折り目のインクの割れも防ぎます。

表面処理を見る

少し前までは、PP加工をすると古紙再生できなくなると言われていましたが、技術が上がり、フィルムを剥離して紙だけ再生に回している処理場も多くあるそうです。また、可燃物として処理される場合でもPPは燃やしてもダイオキシンが出ません。PP加工は環境負荷の高い加工ではないのでご安心下さい。

ご利用いただいた紙袋はコチラ