ファーストフード店様の紙袋の事例をご紹介します【s-43】

ファーストフード店様の紙袋製作事例です。 未晒クラフト紙に白のインクでお店の名前を様々なフォントで並べているだけですが、こんなにも素敵なデザインになりました。 とってもオシャレで、ファーストフード店の紙袋には見えません。 このデザインの場合は、提げ紐を使うよりも小判抜きにした方がすっきりとまとまります。 アイディアで勝負した紙袋です。

オーダー頂いた紙袋の仕様

カテゴリ 定形寸法(小サイズ)
業 種 ファーストフード店
枚 数 1,000枚
製品単価/枚 70円~
用 紙 未晒クラフト紙 120g/㎡
サイズ 幅220×マチ120×高さ350mm
印 刷 1色(特色)
表面処理 なし
提げ手 小判抜きタイプ
オプション 底段ボール台紙入り
運賃送料 無料
 

紙袋に使用した素材

 

オシャレの筆頭といえば未晒クラフト紙

未晒クラフト紙を使う場合はそこに何色で色を重ねるかがポイントになってきます。 今回は白インクのフォントを重ねることで、個性的な仕上がりに。 そのままランチバッグとしても使いたくなります。 合わせる色を変えればまた雰囲気も変わるのがおもしろいですね。

紙の種類を見る

小判抜きならより個性的な仕上がりに

なかなか小判抜きの紙袋はお目にかかれないのでは? 直接手を紙袋に入れるので重さがダイレクトに伝わりますが、ファーストフード店ならそこまで気にしなくてもよいでしょう。 個性を追求したい企業様にこそぜひご検討して頂きたい仕様です。

手提げ紐の種類・取付方を見る

ファーストフード店様の制作事例を紹介しました。 規格オーダーサイズを使って、色は一色だけを使用しているので単価も低めになりました。 デザインの発想次第でとても素敵な紙袋が完成します。 他にも様々な製作事例を紹介しているので是非参考にしてみて下さい。

ご利用いただいた紙袋はコチラ