ハウスメーカー様の紙袋の事例をご紹介します【s-20】

栃木県の建築会社、ハウスメーカー様の紙袋の製作事例です。コーポレートカラーのオレンジ色を特色で指定していただき、シンプルにロゴを白抜きにしたデザインです。500枚と少なめのご発注でしたので、企業展などでの配布用でしょうか。とっても目立つオレンジですから、これなら遠目に見てもどこの会社かすぐにわかりますね!

オーダー頂いた紙袋の仕様

カテゴリ 定形寸法
業 種 ハウスメーカー
枚 数 500枚
製品単価/枚 150円台
用 紙 A2コート紙157g/㎡
サイズ 幅320×マチ110×高さ435mm
印 刷 ベタ1色(特色)
表面処理 PP
提げ手 ハッピータック
オプション 底段ボール台紙入り
運賃送料 無料
 

紙袋に使用した素材

 

色を鮮やかに出すなら
コート紙がおすすめ。

発色の良さでは、晒クラフト紙>片艶晒クラフト紙>コート紙の順になります。価格も比例して高くなるので予算に合わせてお選びください。コート紙はベタ印刷をするとPP加工が必須となるので、さらにコストがかかる点が注意。

紙の種類を見る

丈夫で高級な
ハッピータック

プラスチック製のハンドルであるハッピータックは、水に濡れてもどんなに引っ張っても、手では絶対に切れません。重い書類を入れる紙袋にご使用いただくと安心して荷物を運ぶことができます。紙に穴を開けて通しているので、抜ける心配もまずありません。

手提げ紐の種類・取付方を見る

さらに色鮮やかに見せる
PP加工

表面には、フィルムを圧着するPP加工をほどこしました。ベタ印刷には色落ち防止のためにニスやPPなどの表面処理が欠かせません。コート紙に印刷した場合は、折り目の印刷の割れを防ぐため、ニスではなくPP加工が必須となります。

表面処理を見る

使っている紙、加工、印刷方法、提げ手、表面処理、すべて最も高級なものを使っているため、単価はやや高めになりました。フルスペックの紙袋ならではの高級な質感は、触ってみると違いがよくわかります。ご希望の方には近いものをサンプルとして無料でお送りします。

ご利用いただいた紙袋はコチラ