IT企業様の紙袋の事例をご紹介します【s-197】

IT企業様の紙袋事例です。 ソフトウェアやシステムなどの開発を行っている企業様になります。 500枚と少ない枚数に高級仕様なことから、展示会などのイベント時に使用される紙袋でしょう。 定型寸法(大サイズ)で製作しました。 沢山のブースを回って資料を集めることが想定される場なので、大きめに製作してまとめ紙袋として使用されるのを狙います。

オーダー頂いた紙袋の仕様

カテゴリ 定型寸法(大サイズ)
業 種 IT企業
枚 数 500
製品単価/枚 180円〜
用 紙 晒クラフト 120g/㎡
サイズ 幅320×マチ110×高さ450mm
印 刷 4色
表面処理 PP加工
提げ手 穴タイプ アクリル丸ヒモ
オプション なし
運賃送料 無料
 

紙袋に使用した素材

 

白紙だけど繊維が長く強度の高い晒クラフト紙

晒クラフト紙は、米袋にも使用されるほど強度の高い未晒クラフト紙を漂白して真っ白にした用紙です。 処理を加えれば加えるほど強度は下がっていくので、未晒クラフト紙>半晒クラフト紙>晒クラフト紙>片艶晒クラフト紙の順番とお考えください。 白紙のクラフト紙で強度を求めるならこちらが最高です。

紙の種類を見る

アクリル丸ヒモで一気に高級感をあげる

アクリル丸ヒモは紙袋の高級感を飛躍的にあげるアイテムとして活躍します。 パーカーのフードや巾着の紐などで日常的に見掛けることから、洗濯を繰り返して使用するイメージが定着しています。 使い捨てが前提とされている紙袋の素材としては、とても高価な印象です。

手提げ紐の種類・取付方を見る

PPグロス加工で光り輝く美しさをプラス

こだわりの4色印刷を守るために、保護力の高いPPグロス加工を施しました。 晒クラフト紙にはないギラギラと輝く強い光沢がプラスされるので、加工前後では印象がガラリと変わります。 心配でしたらサンプルのお渡しも可能なので、ご相談ください。

表面処理を見る

PP加工は印刷面の上から薄いフィルムを張り付けて、全体の保護力を高める加工です。 ただ素材を効率よく使用するために、底部分にわずかにPP加工が届かない部分がうまれます。 できるだけ安価にご利用いただくための措置なのでご了承ください。 見た目や強度に問題はまったくありません。

ご利用いただいた紙袋はコチラ