不動産会社様の紙袋の事例をご紹介します【s-176】

不動産会社様の紙袋事例です。 まるでアパレル関連の業種様かと思われるような、鮮やかなショッキングピンクで人目を集めるデザインになりました。 また高級仕様なので繰り返し使用してもらえ、更に注目を浴びそう。 宣伝効果バツグンでしょう。 小ロット対応定型寸法 で製作されたので、内覧会で資料配布に使用されるイベント用かもしれません。

オーダー頂いた紙袋の仕様

カテゴリ 小ロット対応定型寸法
業 種 不動産会社
枚 数 100枚
製品単価/枚 460円〜
用 紙 片艶晒クラフト 120g/㎡
サイズ 幅320×マチ110×高さ280mm
印 刷 ベタ1色+金一色
表面処理 PPラミネートグロス加工
提げ手 OFJタイプ アクリル丸ヒモ芯入り
オプション 底段ボール台紙入り
運賃送料 無料
 

紙袋に使用した素材

 

片艶晒クラフト紙でかしこくコスト削減

コスト削減に最適な片艶晒クラフト紙を使用しました。 今回は表面加工を追加しているので、十分な厚みが加わりつつ元の用紙の質感などは良くも悪くも失われます。 そこで印刷の再現力がありながらも用紙素材の中で最も安価なこちらを使用することで、コストを抑えました。

紙の種類を見る

アクリル丸ヒモでオシャレ度を飛躍的にアップ

不動産会社様というと大切な資料が多いため、ハッピータックのような利便性の高い提げ手が人気です。 しかし今回はオシャレな印象の強いアクリル丸ヒモを選ばれました。 鮮やかな印刷カラーに目がいきがちですが、こちらのデザイン性を高めているのはこの提げ紐でもあります。

手提げ紐の種類・取付方を見る

PPグロス加工で印刷の美しさに磨きをかける

ベタ印刷を美しく保護してくれる、PPグロス加工を施しました。 強い光沢で印刷カラーの発色をあげてくれる効果もあります。 また適度な厚みが加わるので、格段に高級感もアップ。 保護力よりもこのデザイン性を求めて選ばれるかたが多い、人気の加工です。

表面処理を見る

今回は製作枚数が100枚とかなり少なかったので、単価は400円台~と高価になってしまいました。 上質な素材ばかりを使用したからではなく、注文枚数に秘密があります。 もしも一桁違っていたら、半額にまでもなっていたかもしれません。 コストを抑える手段として大量注文をオススメします。

ご利用いただいた紙袋はコチラ