精密機器製造会社様の紙袋の事例をご紹介します【s-150】

半導体の開発・製造などを行っている、精密機器製造会社様の紙袋事例です。 企業様のイメージカラーである誠実な印象を与えるブルーを全面にベタ印刷し、信頼感が得られそうなデザインに仕上がりました。 500枚と少ない枚数でのご注文でしたので、セミナーや講演会などの特別な時に使用されるのでしょう。 小ロット対応定型寸法で製作しました。

オーダー頂いた紙袋の仕様

カテゴリ 小ロット対応定型寸法
業 種 精密機器製造
枚 数 500枚
製品単価/枚 150円~
用 紙 A2コート紙 137g/㎡
サイズ 幅320×マチ110×高さ450mm
印 刷 ベタ1色
表面処理 PPラミネートグロス加工
提げ手 ハッピータック DX型
オプション なし
運賃送料 無料
 

紙袋に使用した素材

 

こだわりのカラーが生き生きとする
A2コート紙

高い印刷適正を誇る、A2コート紙を使用しました。 ポスターや写真集にも起用されるほど高いその再現力で、企業様のイメージカラーが生き生きと発色しています。 繊細なグラフィックの表現も得意な素材ですが、今回はベタ印刷なのでこの美しい発色と高級感が目的でしょう。

紙の種類を見る

丈夫で安心感を与えてくれるハッピータック

ポリエチレン原料で強靭さが売りのハッピータックを使用しました。 凹凸部分を閉じれば、例え覗き込まれたとしても一切中の物は見えません。 またちょっとやそっとの衝撃ではとても切れないので、分厚いカタログや資料など重たい物もしっかりと安心して持ち運べます。

手提げ紐の種類・取付方を見る

強度を高めつつ華やかさを得る
PPグロス加工

コート紙×ハッピータック×PP加工は、資料配布用などの場合には定番の組み合わせになります。 特にPP加工は、印刷面を守るだけでなく紙袋全体の耐久性・耐水性を高めてくれるので、欠かせないアイテムです。 グロスタイプは強いツヤで見た目に華やかさがプラスされます。

表面処理を見る

弊社の紙袋事例の中では、単価150円台~はやや高いという印象でしょう。 しかし小ロット対応定型寸法を使用されているので、他社様と比べてみれば低価格であることがお分かりになるかと思います。 もっとコストを削減する方法もございます。迷われたら一度ご相談だけでもお問い合わせください。

ご利用いただいた紙袋はコチラ