酒店様の紙袋の事例をご紹介します【s-149】

日本酒の品評会では新潟を抜く受賞数を誇る福島県にある、酒屋様の紙袋事例です。 渋いカラーのチョイスと三春滝桜のイラストで、和風の雰囲気を演出されました。 海外からの観光土産としても喜ばれそうです。 底にはダンボール台紙を入れて、大きな瓶の重さにも耐えられるよう工夫されています。 定型寸法(小サイズ)で製作しました。

オーダー頂いた紙袋の仕様

カテゴリ 定型寸法(小)
業 種 酒店
枚 数 1,000枚
製品単価/枚 非公開
用 紙 片艶晒クラフト 120g/㎡
サイズ 幅220×マチ120×高さ350mm
印 刷 特色1色
表面処理 なし
提げ手 OFJタイプ PPヒモ
オプション 底段ボール台紙入り
運賃送料 無料
 

紙袋に使用した素材

 

コストカットに最適な片艶晒クラフト紙

表面加工を行わなくても薄っすらと淡い光沢がある、片艶晒クラフト紙を使用しました。 丈夫でベタ印刷もしっかりと美しく表現できるポテンシャルも持ち合わせているので、こだわりのグラフィックでもコスト削減が出来る強い味方です。 最も人気があることにも納得の素材です。

紙の種類を見る

カラーのチョイスで印象を変えるPPヒモ

薄い茶色のPPヒモを使用しました。 白や赤だと荷造り紐としてのイメージが強くチープな印象を与えてしまいがちです。 しかし今回のようにカラーを合わせるだけで、その印象はガラリと変わります。 茶色はまるでロープのように見え、オシャレな演出にさえ感じますよ!

手提げ紐の種類・取付方を見る

ボトルサイズオーダーは幅160×マチ90と、ワインなどの洋酒に適したサイズに設定されています。 これだと日本酒や焼酎などの一升瓶を入れるには、やや小さめです。 例えばどちらも対応出来る紙袋なら、今回のように幅220×マチ120の規格サイズオーダー(小サイズ)が最適でしょう。

ご利用いただいた紙袋はコチラ