刺しゅうブランド様の紙袋の事例をご紹介します【s-114】

京都府の刺しゅうブランド様の紙袋です。こちらは財布や洋服など様々な生活用品に刺繍を入れた商品を扱っているブランド様です。デザイン面では、歴史を感じる京都の街並みのイラストを、全面にぐるりと配置し、雅さやダイナミックさを感じるものになっています。今回、定型外寸法でご注文いただきました。大きめのクッションカバーやストールなども入る大サイズです。

オーダー頂いた紙袋の仕様

カテゴリ 定形外特別寸法
業 種 刺しゅうブランド
枚 数 1,000枚
製品単価/枚 100円~
用 紙 晒クラフト紙
サイズ 幅330×マチ140×高さ410mm
印 刷 半ベタ1色
表面処理 マットニス
提げ手 OFJタイプ 紙単丸ヒモ
オプション 底ダンボール台紙入り
運賃送料 無料
 

紙袋に使用した素材

 

温かみのある白さの晒クラフト紙

晒クラフト紙は本来褐色であるクラフト紙を漂白したもので、さらさらとした紙の風合いと、温かみのある白さが特徴です。今回、ゴールドにも見える山吹色で京都の細かい街並みを表現していますが、この程度のグラフィックであれば全く問題なく印刷できます。

紙の種類を見る

「和」のイメージを醸成するなら紙単丸ヒモ

紙単丸ヒモは再生紙を撚って作られた提げ紐で、見た目、質感から「和」のイメージに大変マッチする素材です。紙製ですがハサミやカッターで切ろうとしない限り、破損してしまうことはまずありません。今回、紙袋全体のアクセントとして赤色を選びました。

手提げ紐の種類・取付方を見る

安価に印刷面を保護するニス引き加工

ニス引き加工は樹脂製の液体を塗布する加工で、印刷面の色落ちを防ぎ、撥水性を高めます。PPラミネート加工ほどの強度は出ませんが、安価なうえ、若干残る紙の質感が今回の事例にはマッチしたようです。今回はマット(艶消し)タイプのものを使用しました。

表面処理を見る

古都の情緒あふれる刺しゅうブランド様の事例でした。今回使用したマットニスには、グロス(艶あり)タイプのものもご用意しています。こちらもPPグロスラミネートのようなギラっとした光沢は出ませんが、程よい上品な艶を出すことができます。デザインやニーズに応じて使い分けてください。

ご利用いただいた紙袋はコチラ